✿Swag✿

個人的な思想の塊。

個人の尊さ

6月半ば頃、新しい店の為に養鶏場跡地を契約させて頂きました。

 

私は前々から自分だけのお店を持ちたく、しかしそうするには時間も軍資金もいるし…

 

何かしら理由をつけて先延ばしにしていました。どういう状況であろうと本気で考えていれば、見切り発車になるか、それとも委託でも良いのでどこかしらに商品を卸す等も出来たのですが

 

持ちたい反面まだそこまでの責任を背負うには早いのではないか

 

この心情が大きかったような気がします。

 

何より隙間時間でしか動けない事もあったし、どこかで諦めていました。

 

それが急遽、出店について時が動いた。

 

その話を昨日読んだ本で思い出しましたので本日はその話を。

 

遺品整理屋は見た! (扶桑社文庫)

遺品整理屋は見た! (扶桑社文庫)

 

 「えw何故これで思い出すの!」

ってなるでしょうねw

 

その話の前にまずはこちらの本の話を。

 

何気なく手に取った本でしたが、思った以上の良書であり、できる限り多くの方に読まれればいいなぁと思える本です🙌

 

吉田さんはただの社長さんにしておくのには勿体無い程の文才に溢れ、そして仕事を通じて感じた愛をお持ちで、そこいらの感動小説よりも深く重みのある、そんな短編集。

 

現場から亡くなった方の代わりに、生きる人間へのメッセージを言葉にし、綴られたような、とても愛のある1冊でした。

 

"死に様が生き様を語っている"

とあとがきで仰るように、遺品整理となるとその方が生前ギリギリまで生活を共にした色々が残るわけで…。

 

残された物を通してその方に触れ、1人の人生の重みを考える、愛があってこそだなと感じ大変感銘を受けました。

 

さて。本題です。

 

これと、その6月の私が出店のために動いた事となんの関係があるの?という本題。

 

五月暮れ、知り合いのおじさんが亡くなりました。うちの主人が子供の頃からよくして頂いた方で、そのおじさんは古物が大変好きな方。

 

22年に及ぶコレクターでした。

 

そのおじさんが急に亡くなり、おじさんのコレクションで溢れかえる家に残されたおばさんは相当困られたらしく、葬儀の席で

 

「ちょっとあんたら古いもんが好きならいっぺん見においで」

 

と、ここで言わんでも!と思う様な場所でその話をなさいました。後でよくよく考えてみたら、1番に悩みの種だったんではないかな、と思います。

 

私も古いものが大好きなのでわかりますが、興味の無い人にとってみたらそれはただのガラクタと呼ばれるものだ、という事。

 

本人不在となった今、あれらをどうするか、その思いでいっぱいだったのでしょう。参列なさる方々にそうしてお声をかけていらっしゃいました。

 

そのまま数日すぎ、ふっと思い出して

「もしかして、それを見に来て欲しいって言うのは、会いに来て欲しいって事なのかも」

 

なんせ年寄りの多い地域です。

隣同士が隣接した立地条件ではなく、敷地は広大な大自然環境、年老いて一人ぼっちともなると心細い……

 

今までも何軒かは定期的に覗きに行くようにしてましたが、1軒増えちゃったね😌と足を運びました。

 

現場についてわかった、理由は両方で

 

・すごいコレクションの数!そしてお宝がわんさか

・独りで寂しいから形見分けで色々な方が立ち寄ってくれればよい

 

そういった事でした。

 

おばさんと話していたら、古物商を営んでいるばあさんが来て、いらないのなら貰ってく、次はトラックで来る、と言っていた、と。

 

私も古物は好きなので、おじさんがそれを集めた理由や気持ちを考えながら、お茶を頂いてました。

 

「おばちゃん、その話、断ってもらえん?

出来たら信用して預けてくれると嬉しいんだけど」

 

話しながらずっと考えていたのは、おじさんの気持ちと、敷地の問題。

 

なんせコレクションの数は山半分ですw

すごい量!そこに古くて立派な家財なども沢山あり、ネット販売も視野に入れましたが、そうなると送料だけでも代金がバカ高くなる…。

 

なんとなくピンと来たのです。

良いタイミングかもしれない

 

おじさんはきっと家族の次にこれらが好きで、これらをこれだけ集める為に小さい喧嘩だってしたでしょうw

 

だいたいそうです。

いらんよな物ばっかり買ってきて!

人はこういう事で喧嘩するw

 

でもそういった小さな諍いも毎日見てきたこのモノ達を果たしてポイっとしてしまう事が本当におじさんの本望だろうか?

 

利益目的ではなくて、理解のある方にこれらをきちんと使ってもらえる方がおじさんもゆっくり眠れるのでは?と思いました。

 

おじさんの品はおじさんの品できちんと手入れをして、売れたら売上をおばさんにお持ちする

 

私が個人で作った・仕入れた物は別スペースの傍らで売る

 

なんならおじさんのものとコラボする様に私の作品と共に展示して……

 

とにかく敷地だな

 

そう思いました。

 

おばさんは、たいそう喜んでくれて、そうしてくれるならそうして欲しい、との事。

 

これがまた不思議な事に

 

とは言ったもののそんな簡単に広さのある物件なんかないよなー……

 

と思っていたら「あるよ!」と用意されてたかの様に舞い込んでくる物件話。

 

7月頭の木曜にその件で話をしに行くのでまた寄ります、と言ったらなんと!

 

その日は丁度49日の親族の集まりがあって全員集まるのできっとお父さんにもいい話が聞かせてあげられるはず!

 

と。

 

あら〜不思議な事もあるもんだ😝💕

 

おっしゃる通りに話は進み、後は荷物の搬入のみとなりました。

 

親族の方に比べたらほとんど関わりもないに等しいですが、死んだからない、ではなくて、死んだから生きてた、という部分をみるとその方の人生が見えてくる、その方が何十年をどう生きたか、そこを考えると無駄にしてはいけないと思えます。

 

何よりその事で、おばさんとも接点が出来て、ご親族の方以外でも生存確認を常にできる先がある、これもきっとおじさんは心配しておられたでしょうし

 

あの本を読んで、こういう事なんだよな、それを死んでからではなくて生きている内に尊い者であるとして色んな方と関わるべきなんだよなぁ、と考えさせられました。

 

愛が詰まった1冊だったので是非手に取ってみて欲しいです💗

 

新店舗、設立したら仕事も一つ増えるので手放しで喜んではいられませんが頑張ります😘

私が彼女を愛する理由。

リアルなお友達の"みかんさん"🍊

戦友とも呼べる程、共に闘った仲間でしたが(何で闘ったかは省きますが)この度、

・本望ではない ・予定にはなかった

引越しをなさいます。非常に寂しい😖

 

本日10日、引越しの予定は12日。

永遠に会えなくなるわけではないものの、大人になってからなかなか感じない

『あーこの人となら友達になれる❗』

そういうタイプの人が歩いて1分、なんならマンションの上と下で

「ちょ、今から行くわw」

「勝手に入ってきてー」

と若い頃にやった位のテンションを彷彿させる、何気ない毎日、居なくちゃ話になんねーんだよ❗位に大切なお友達なので、簡単にそれができない距離になると言うのは相当に寂しいもんなんです😖😖😖

 

そして先程。

私の元にLINEが。

"ちょ、明日って祝日!?"

からの大爆笑。

 

なんと彼女は明日、転居届や廃業届を役所に出し、土曜の12日、家を引き払ってこの地を後に…という算段だった模様www

 

"山の日って何!?"

 

家の受け渡しは12日。13日は日曜日。

市役所あくの14日❗爆

 

転出できなければ転入も出来ないため、教委への転校手続き書類の提出ができない😂

 

二人して大爆笑www

「いや、笑い事かよwww」と私が言う始末w

 

私が彼女を大好きなのはこの人のこの人間力に他ならない💡

 

だいたいこういう時に人間がわかるのです。

 

情緒不安定だと

「これだから私は…」になりクヨクヨ。

あぁ、どうしよう、もう、どうしよう!

 

自己中心的だと

「こんなに困ってるのになんなの!

何がおかしいの!大変なのに!」と逆ギレ。

 

そこで彼女のこの余裕❤💗💖

彼女と私がピタァと仲良くなれたのはそこでしょう。

 

『だいたいにおいて、なんとでもなるし、死にはしない』

 

というところ。

 

彼女はいつも謙虚です。

「結構恵まれてて何かしら助けて貰えるのよね」

 

私はそれをひとつ彼女に教えておきたい。

それは恵まれてるんじゃなくて、持ち合わせた余裕で色んな人を励ましたり、力になってきたから今度は私の番と助けて貰えるんであって、その道を自分で作ってきたし、掴んできたのだよ、と。

 

余裕があるから決して押し付けがましくはなく、とても柔軟で、意見の交換が出来る人。

 

やっぱりそれなりの経験を積んで、そこできちんと学んで来た人なので多少の事ではへこたれないし、芯の強い方www

 

「あーあーもー!最後の最後にバカwww」

『らしくていーじゃんwww』

 

なんていう、まさか明後日引越しするなどとは思えない程の余裕。

そもそもこの人、昨日まで普通に仕事してましたからねw学童でパン教室とかwww

 

引越しの準備わい❗❗とこっちがいう程。

 

詰まるところ、本当に、大抵人間

「生きてりゃなんとかなる」

 

現に私も頼まれてないけど

 

『あ、委任状!委任状はどうよ?なら私、月曜行けばよくね?』

「もーほんと…最後まで迷惑かけて申し訳ない🙏💦」

 

お互い様、と快く言える同士。

それってあなたが作った人間関係です。

私が超お人好しって事ではない。

 

こういう関係ってきっと誰でも築けて、それを築けるのは常に人生を楽しんでて、いい加減で緩く見えても自分のすべき事はきちんとしてる、そういう人に巡ってくるんでしょう。

 

彼女の織り成す生きる時。

これからも私のどうしようもない一緒に大笑いしてくれる友達。

 

時間が交差した事をとても嬉しく思います❗

 

どなたもいまいちど、自分の大切な友人関係について振り返ってみてください。

そこにはきっと自然な自分が見えます。

なりたい自分、なんかの理想論ではなくて、"培ってきた姿"がそこにある。

 

最高の友人フォーエバー!

お前はもう月曜までうちに泊まれ(爆)

真夏の夜の独り言

この季節、色々が辛くなる。

 

まず第一に私が優先するのは各種メディアを避ける事だ。SNS上にいると、どうしても見たくない記事が目に飛び込む。

 

私がいちばん避けるべき季節、記事。

"戦争とヒロシマ" だ。

 

先に言っておくが、

"戦争賛成!反対とか意味解んないから気分悪い!"とかいう記事ではない。

 

今回の記事は珍しく愚痴になる。

書きたいことを書く。

 

戦争と広島について、色々なタイプの記事が回ってくる。

"もう二度とあんなことが起こりませんように"

"風化させてはいけない!忘れる事はよくない事だ"

"こんな状態になっても(云々:写真付)"

 

確かにそうだ。そうなんだよ。仰る通りだ。

 

でも有難いことに、はるか昔の事過ぎてそれを実際に経験なさった人生の大先輩方の多くはもうそれを聞かなくて良い場所へ旅立たれていると言う事。

 

これは私にとっては救いである。

人間には思い出さなくても良い記憶、という物もある。実際に常日頃から311を語る多くの人間は「地震で怖い思いをした」「現地の人達はもっと怖かっただろう」という思いからそれを語る。

当事者で語られているのを私はあまり目にした事がない。焼き付くレベルを超えると、それを言葉に変換する等、出来ないからだ。

 

善きばかりが良きではない、と思うのはこういう時。

 

その話に思いを馳せるなだとか、口にするなだとか、そういう事じゃない。大切な事だと思う。必要な事だ。

 

ただ、私はこの季節、それを見ると珍しく過呼吸が出たりする。

 

日本の教育で足りていないところも相成ってこういう現象が起こるのだろうが、確かに写真などの見た目は一瞬で言葉を奪うほどのインパクトがあり、その見た目に全てを持っていかれる可能性も高く。

 

"痛そうで、酷く、惨く、救いようのない

こんな状態に多くの人がなったのだから

もう二度と"

 

ではその状態になって、どうやって死ぬかを説明できる人が何人いるだろうか。

この場合は空爆による熱傷なので、当然、放射能汚染も関連してくるが、ここではそれは一先ずおやすみして

 

そのひどくて惨たらしい皮がずる向けになる程の熱傷になった場合、人はどの様にして死に至るか

 

こういう事を答えられない人が結構多い。

HIVにしても怖い怖いと言われるだけで、HIVだから死ぬ、HIVで死ぬ、と思っている方が多いのに似ている。

 

死に至る程の熱傷に陥った場合、この場合はレベルはⅢ度、皮膚は破れ、肉とは言わずなにかよく理解できない物が覗く。

目や唇や開閉する様な場所は閉じるのが難しくなる。

毛穴もないので汗はかかないが浸出液でズルズルで、雑菌が繁殖しやすいので何かしらの感染症に掛かりやすくなり、内臓まで火が回っている場合は多機能不全に陥る。

腎臓が動かなくなると大量に投与される輸液が行き場を失い、肺も動かなくなってくると内に溢れる水がどんどん溺れさせて呼吸を奪っていく。

白目は真っ黄色となり、身体中はヌラヌラで、絶命前には身体が3倍ほども膨張し、破損のひどい動く水死体を眺めている気分になる。

 

絶命した瞬間には、身体中の穴という穴から体内で行き場を失くした水分が溢れかえる。

 

口からも耳からも鼻からも目からも。

 

こんな事に付き合っている人間が考える事と言えば、よく理解できない目の前の惨劇の中で「これまでの事・これからの事」

 

"現在"等という単語は抜ける。

 

たとえば台所で玉ねぎを切っていたら指まで切ってしまって「どれ?見せて?あー痛そう…貸してみ」と絆創膏を貼ってくれたからこの体のどこのどの部分にどの様に絆創膏を貼れば元に戻るのだろう

 

だとか

 

これで助かったとしても死んだ方がマシだったっていう毎日が待っているだろう、それ位は馬鹿にもわかる

 

だけど死んでは欲しくない

でも死んだ方がきっと楽だ

 

現在が抜け落ちて、随分と時が経ってから、毎日あの現在という名前の透明ケースに押し込まれ、出られない事を知る。

 

記憶というのはそういう物だ。

それでは生きていけないから、と、まるで夢を見ていた様な滲んだ感覚の、輪郭のぼやけた日々を淡々と送る事になる。

 

"こんな状態になって!こんな事を繰り返しちゃいけない"

 

そう叫ぶ多くの人にとって、その惨劇はきっと机上の空論に過ぎず、見るのと聞くのでは大きな差だな……

 

と静かに私は画面を閉じる。

 

その時、街は、街全体がそうだったのだから、助かった人はとても長い時間を経てから

 

なぜ自分だけが生きているのだろう

 

と責めた事だろう。

生きているだけで大きな罪を背負わされている様な。

 

そしてそれは私も感じている事で、それを他人から見せられる度に

 

お前はどうして生きているのだ

 

という気になるのです。

 

無菌室ごしのぼやけた世界の向こう側や、心音モニターが落とした長い音が響く瞬間に世界が粉々に割れたような感覚がしたのに、変わらずに外は車が走り、鳥が飛び、山の木々が揺れ、それなのにとても、私だけとても、遠くにいるみたいに音が莎もり……

 

私はこの季節がとても苦手です。

それは世界の平和にとってとても大切な事であり、それでもやっぱり苦手です。

 

深夜の大きな独り言でした。

褒め育児語弊。

書く時は書く更新厨wこんばんわ。

昨日の事です。

f:id:tsubame71:20170525234056j:image

うちの娘(小4)が急な質問をしてくる。

「ねぇママ、ユーファッキューってどういう意味?

糞が!とか、糞野郎が!とか、殺すぞとかいう意味?」

 

まず意味を云々の前にどこでその言葉を入手してこられたのか。

『えーっとw質問に質問で返してしまって申し訳ないんですけども。

その言葉、一体どこ経由?』

 

案の定な返答でしたが一人とってもおませでお口の悪い子がおられ

その子経由でした。結構厳格な子育てをなさっているご家庭で

きっと親御さんは外でそんな事だとは気づいておられないので。

 

多分それをご指摘するとこちらが責め返される事間違いない!と

言った状態のぬかりなさな感じ。

(私のはもう責め放題の穴だらけ育児なんでw

元々生まれついて母親である訳でもないし、たまたま運よく授かった

程度で子供というよりも個人として信用して信頼してるので手取り足取り

したりしない。代わりに向こうも信用してくれているので、包み隠さず

色んな事を尋ねて来たり、と、ある時は母親、でも自分は自立過程の

一人の人間だと理解している様子ですw)

 

そんな感じなので、私はまた更に尋ねました。

『それをあなたに言ってくるって事?』

「ううん、自分にもだけど、皆に言いまくってるから」

『なるほど。それで意味を知りたいとw』

 

私は事細かに説明しましたwwwwwww

なんでもいいけど子供は知らなくていいのー、とか、誤魔化すやり方は

私は一切しません。

 

子供だろうが物事を聞いて、知って、自分でそれが良いか悪いかを

振り分ける力もある。上の親御さんとは別ですが

『子供には良い物だけを与えたい』

とテレビもゲームも家から排除し、良い物の中からは天使のような……

等と幻想を抱いているのは親のみでごっつ乱暴者に仕上がってて

あんまり良い顔されてない子を知ってますw

 

悪を排除する事が善を生むなんて幻想です。

悪を知っていないと善が何であるのか振り分けられないのに。

 

彼ら彼女らにも年齢関係なく、言い分もあれば、思考能力もあります。

端から見ていると、子供だから、の一言で

信用も信頼も出来なければ迷惑被るのはこっちなんだから言う事

聞いてりゃいいのよ

って事なのか?と感じるほどです。

 

私はその辺り、子供も一人間なので、正しい事もすりゃあ間違いも冒し

学んで進んでいくと考えているタイプなので、結構ハッキリと

我が子に物申します。

 

『ん~。

まず。糞が!っていうのはshit,最低だなこの糞野郎!みたいな時は

you bastard.

Fuck youってのは、簡単に言うと犯すぞって意味で転じて、

めちゃくちゃにしてやろうか!みたいな事。

まぁ早い話がレイプしてやる!みたいな事よ。』

「……レイプって何?」

『嫌がる相手を捕まえて力づくでイヤラシイ事をしたりするアレの事。』

「😱😱サイテー!!!!」

『そう、サイテーwww因みに中指を立てるのは、中指は男のチンコを

模しておりまして、これをあっちにもこっちにも突っ込むぞ!と言う意思表示

それがFuck youで御座います。

 

これが、あなたとエッチな事したい💗になるとFuck me❕』

「😱😱😱きんも〜!!具合が悪くなってきた!!😭」

 

もう小四にもなればあっちやらこっちやらから大人が隠していても性の情報は

入ってきているであろうし、知っているという前提で話を振り

 知らなかったら説明してやろうと思っていたのでw

 

案の定、知ってましたけどwww

 

『さて、ここで質問なんだけど』

「うん」

『それって他人に言っていい言葉なの?』

「あかん」

『よな。後者のfuck meは好きにしろだけどw』

「キモイ❕ってかそんな汚い酷い事、あの人よう言いまくるわ……」

 

✳このキモイという表現は性的な事象を理解した上での

興味はあるけど親とそんな話したくない、という拒絶ですw

わかる!気持ちはわかる!!!爆www

 

『バカは面白がって意味もよく知らないで言うわけwそういうのってどうよ?w』

「めっちゃカッコ悪い」

『でしょ、やめときなさい。そう言われたらそれこそ一言、

you fuckin' bastardとどうぞ。

この場合のfuckin'は、めちゃくちゃにするが転じてめっちゃ、超になるから

いい意味の時も使うfuckin'だけど、

 

お前超絶クソ野郎だな、と呆れて返すのが正解だからw』

 

「解った!!自分は絶対使わん。これから白い目で見るわ」

『そーしろw』

 

こんな感じで善いも悪いもきちんと選べるのだから、私は結構な事を

包み隠さずに説明するようにしています。

 

私は品行方正とは程遠く、全く母親らしくない母親ですが、

外側の脳として彼女に物事を教えて考えさせています。

 

周りから見ると忘れ物も多く、あの家のお母さん何してるんやろか、

でしょうが、忘れ物があったら代わりに入れてやるとか、そんな事は一切

するつもりは御座いません。

 

それで叱られるのなら叱られない様にきちんとすればいいのです。

一見きちんとしている子に限って全部が全部親がやってる、ってのが

多いですからねぇ。。

 

前の記事ではないですが、他人が何でもしてくれる、してくれて当然は

幸せさえ用意してくれて当然である、というのを招きやすいです。

 

褒めて、褒めて、っていうのもしばしの語弊を感じていて、

叱らない事が良い、みたいになってるのも私はあまり受け入れられません。

 

あの褒める育児と言う言葉には語弊があって、実は

「貶さない育児」

が正しいのではないか、と。

 

褒める事も当然必要ですけど、例えばすごく軽はずみに

「あんたには無理」とか

「そんなのも出来ないの?」とか言う言葉は貶しにあたるので

(↑ここだと思うんですよ。過保護であると先回りして全てを

やってしまう。でもそれって無言で、あなたを信用してません、

あなたには無理だと思っているのでって

事になるでしょう?本人の自尊心わーい!みたいな。)

 

出来なくて当然、と言う頭で、出来たら褒める、でもやたらめったら

褒めない、手も出さない、何故ならそれがいつか当たり前になるからw

 

褒められる事に慣れているといつしか褒められる事が当然とどこかで

思っていて

『いいと思っての事だったのに、褒めてもくれない』だとか

褒められる、それが俺のジャスティス!と、褒められたから相手が

自分を認めている、等というおかしな理論を持ち出しかねないのでw

やったら褒めるべきとか、そういうのをやった側が求めんじゃねーよってのも

よく目にします。

 

褒められようが褒められまいが自分はすべき事をしたのみ。

そんな風に育ってって欲しいなぁと思います。

 

我が家は全ての事には自分の責任で行われている事なのだ、という教育なので

違う意味でなかなか厳しい部分もあるかもしれませんw

それは私がいついなくなるかも解らないという部分も含みます。

 
f:id:tsubame71:20170525234410j:image

私が居ようが居まいが、立派に成長してくれる事を祈ります。 

強欲と貪欲の距離。

家業もあってしばらくバタバタしておりました💦💦

なかなか更新できずで申し訳ない!

21日は運動会で久しぶりにへたってしまいwその為時間が取れたぁ、と。

(続編も書くわ、等と言いながらまた別の記事を挟んでしまうというww)


f:id:tsubame71:20170525155215j:image

 

最近どこにいてもsuchmosさんを耳にします。ヲサレ!

サチモスと言えば死刑確定となった木嶋さんで頭が一杯なわけですが。

彼女の獄中日記はなかなか読み応えがある。バカでは書けない文章に

犯罪を犯したとはいえど、ユニークな個性の持ち主でさぞ魅力のある人だったろう

思いながら読んでいます。

http://blog.livedoor.jp/kijimakanae/

(木嶋佳苗拘置所日記)

 

人が道を踏み外す等、実は誰の内にもある事なので

それが善い悪い関わらず違いは「実行するかしないか」その程度です。

 

以前に私は欲深い事は悪い事ではないのではないか、と書きました。

犯罪の起こる時の心理を考察していてある一つの理論が浮上、今日はそれについて。

 

強欲と貪欲の違い=距離感

 

ではなかろうか、と感じているところです。

 


f:id:tsubame71:20170525155253j:image

 

辞書を見ると

『強欲』とは悪どい程に欲が張っている事とあり

『貪欲』とは欲が深い事。強欲

 

となっています。

 

個人的にはこれを

『強欲』対外的に→外に向かって。他人への要求。

『貪欲』内向的に→内に向かって。個人的な。

にあるのではないかと感じました。

 

そして最近よく目立つ、人との距離感のはかれない人。

人との距離感に悩む人や問題を抱える人には、遠いか近いかしか存在しません。

遠い分には「何か事情があるのだろう」や「あまり宜しくない人間関係で揉まれて

こられたのであろう」という温情が課せられますがw

ひとたびこれが「近すぎる距離」となると強制的であり、計り知れない恐怖感に

陥るのが人です。

 

真の友達というのは何年連絡をとっていなくても『相手はこういう人間である』と

認め合って存在しているので、信頼関係が出来上がっているのです。

 

距離感が測れず詰め寄って来てしまう人には、相手がどうあるに関わらず

『自分の存在を認めて欲しい』

という必死な行動から始まるので受け取る側はタジタジします。

 

関係性を築く事にしか目が向かないので意見が一転二点します。

「いや、無理にあわせてくれなくてもいいから……」

と言われた事のある方は要注意です。

 

この台詞を相手が投げる時『あなた自身の意見はないの?』という意味を含むので

何でもかんでも良かれ良かれ言ってりゃいいと思ったら大間違いだ!

という意味になります。

 

結果的に"相手は自分を支配したい欲求下に置いているのだな"という事に気づきます。

詰め寄って嫌がられ、頭を下げる事に誠意があるのではなく、気に入られたい一心なのだな、という心情を

受け取るという事ですね。

 

一度拒絶された関係性は覆すのにとても根性がいります。

人との信頼関係は謝ったので良い、とは行きません。

謝ったので良い、は、自分のみで相手のある事ですからw

 

この距離感の測れない人に見られる点は『強欲』にあたる、と感じています。

 
f:id:tsubame71:20170525155345j:image

幸せは個人的なもの

幸せとは何か、を、よく考えます。

誰かがいるから幸せ、とか、そんな言葉もよく耳にしますが、個人的には

第三者の介在があっての幸せは存在しないと考えています。

これは持論であるので、賛否両論かと思いますが。

 

誰かを殺したいと思った時、この気持ちこそ、心底持つのは難しい感情ですが

私は過去に持った事があります。やらなかっただけで。一歩踏み外すと、闇。

そんな時にある感情は

「あいつさえいなければ、私は幸せになれる」

 

本当でしょうか。

年を重ねて思う事は誰が居ようと居まいと、私は私と思う事。

きっと若くて多くを望み過ぎている部分があったのでしょうね。

他人と比べれば恵まれた境遇とはいえなかった物の、その限られた中でも

人というのはこういう物だ!とか余計な期待を抱き、裏切られた気分満載で。

自分の気持ちを他者に押しつけていた部分も大きくあったろうと思います。

 

嫌なら離れればいいのです。

やり返したいのなら今ある自分よりも幸せな自分になる事。

だから何なの、あんたの存在なんぞ屁でもないわけよ、位の幸せを掴んだ時の復讐感とは簡単に殺してしまうよりも、痛い目にあわせるよりも大きいです。

 

それなのに若さゆえに、他人も自分の一部として取り込んで

しまっているところもあったのだな、という境界線のなさに今では

とても緩くて大人しい物ですw

体も心も無駄に丸くなったよね、私www

ほっとけ!

 


f:id:tsubame71:20170525155459j:image

 

犯罪に走る時は多くが金か人間関係かでしょうが(父の仇ー!みたいなのは余り聞かない)

お金も人間関係も自分が生み出すものであって、他者に求める物ではない。

お金が沢山欲しいと思ったら違法ではない道徳的なやり方で、一生懸命働くか

何かニュービジネスを思いつくか、はたまた体売るかのどれかです。

風俗嬢なんて!とバカになさる方は多いですが、あんな辛くてばっちくて体張ってる

仕事ありませんよ?

誰にも求めず、自分で頑張っておられる方々です。立派です。

 

そのお金が欲しい、までは貪欲で留まっているんだと思います。

どうするかとなった時に

人に求める=強欲 自分で何とかする=貪欲

となるんだと思います。

 

私は今、自分の中で何があれば、どんな時が幸せかと考えたら

お金でもなく、男でもなくw 技術です。

毎日毎日物ばっかり作ってますが、もっと技術欲しいな、と思うし、それに向けて

新しい技なんかを使ったり、昨日出来なかった事がすんなり進む!

とかいう時には最高に幸せです。

 


f:id:tsubame71:20170525155541j:image

 

そういう意味ではとても貪欲。私、貪欲。

他者を介在させずして貪欲である事はとてもよい欲であると思います。

何かがあるから幸せ、ないから不幸、なんていう事はなく、幸せは個人的な物であるので

自分は不幸だ不幸だとなってしまう時には、もしかしたら、他者は自分の為に動いてくれて

当然だ、とか、味方してくれて当然だ、とか、そういう事があるかもしれない。

自分の幸せの為に他者は存在するのではなく、個々の幸せを持ち寄った時に初めて

絆やら信頼やらが生まれ、共存を選べるのではないか、と。

(距離感で悩む方は他人に求めすぎている部分があるので。それは所謂、依存です)

 

木嶋さんから話がずれましたがw

あの方はとても人懐っこくて知性も高そうなので、色んな男性が

こいつを支配したいと思われたのではなかろうか、とも思います。

 

私はそれぞれが楽しんでいたりするのを見るのが好きです。

自分の時間を連ねている人を見るのが好きで、イキイキとしている人は自分自身をよく

理解なさっているので大好きです。

 
f:id:tsubame71:20170525155718j:image

 

みんなが元気、それは私にとっても安堵できる、唯一の強欲かとw

尚、他人との距離感には母子関係の関わりが色濃いと言われます。

母の役目って重要。恐ろしい。泣きそう。

 

その内すぐに賑やかな時間が我が家を支配します。

きっと我が家の誰も気づいていないけれど、どんなに体がしんどくても季節の花は

欠かさずにサイドボードに飾ってある事、そんな小さな幸せを感じながら

私が居なくなった日にはどこか何かが味気ないと気づけばいい、程度に

毎日を楽しんでいます。


f:id:tsubame71:20170525155657j:image

というわけで家事致します!長々と失礼致しました❤

 

子供の未来

こんにちわ。

前回の続編を書く前に、ただいま家で空き時間にヘアカラーしてましてw

待ち時間に別の話題でも更新しておきます。

久しぶりにPC接続したので1記事サクサクと。
f:id:tsubame71:20170331120236j:image

 さて。

我が家の仕事に『命のワークショップ』というのがあるのですが。

我が家は革製品を扱う仕事で生計を立てておりまして。

商品製作の傍ら、

・食肉の副産物として出る皮がどのように革となるか

・副産物として出る物を使う命の果てまでの話

・仕事をするとはどういった事か

・実際に何かを造って見ましょう

等を幼稚園さんから学生さんの授業にお邪魔してワークショップ授業を

行っています。

 

これは私達も逆に勉強させて頂く事も多いので材料費や授業料は頂戴せず

一緒に命について考えましょうの時間となります。

 

手を動かす事も出来て命について学べる時間という事で、一番多く呼んで頂くのが

幼稚園さんと小学生さんの授業が多いです。

 

普段そうしなさいと言われるから何気なくそうしている「いただきます」も

刈り取られた命への供養である事、自分がもし食べられる為に殺されたとしたら

きちんと食べて欲しいと思うであろう事、そういう意味できちんと手を合わせて

命に感謝する行為がいただきますであるという事、勿論、食材だけではなく

口に運ばれるまでに携わって下さった方々への感謝の意味もあり

その頂いた命の末端までを大切に扱うのが我々の仕事であるという事。

 

その様な授業内容からスタートし、将来自分達が仕事をしていくにあたって

どんな夢を持っているか、まで。

 

先日、とある幼稚園にお邪魔した時の事です。

「仕事についてどの様なイメージを持っていますか」という質問に

お友達全員、ひとりずつ答えてもらいました。

 

そこには我が家の子もいたので、我が家の子も参加する形となり急な発表を

させられる事に多少戸惑っていましたがw

 

若干6歳のお友達のみんなです。

仕事ときいてもっと夢のある答えが戻ってくるのだと思っていました。

 

なんと。

全員が「しんどいもの」「お金の為」「つらい」「やりたくない」

最後我が家の子だけがオドオドしながら

『パパはいつも楽しいと言ってるから…きっと楽しいと思います』

 

うちの若様、大満足(爆)←さすが俺の子!状態wwww

 

我が家は自営なので、仕事とプライベートの垣根が難しいです。

夫婦の決め事として、仕事を家庭に持ち込んだとしてもその場合は

自分達が好きでやっている事でみんなが食べる為にではなく

みんなが笑える為に営んでいる事としようとしているので、思ったとおりの

良回答でありました。

 

これはね、圧倒的に大人が悪いですよ!

 

将来彼らは自分自身で生きる道を掴んで行きます。

その道に進む前に、つらいもんだしんどいもんだ、そんな簡単じゃない、

家の為に家族の為にするのが仕事だ、なんて、まるで奴隷か何かの様に

言ってしまうとやる前から「そういうもんだ」と決め付けてしまう。

 

自分の為にする事が他人に対しても善であると私は思います。

そんな事言われてもお宅の様にしたい仕事を掴んでいるわけじゃないと

言われる事も多々ありますが、したい仕事をするにはそれなりの

茨の道というのがあり、それを選択したからこそ今がある、

何もないところからぽっと沸いた様な話ではありません。

 

ので出来れば皆様、子どもに本音を吐きたい時や物事が起きても

「楽しすぎて疲れちゃった」と優しい嘘で交わして下さい。

時にはそれが大人の判断です。

 

子ども達が将来大人になって仕事上でこんな予定ではなかったな、と

路頭に迷った時、でも父さんや母さんは楽しい楽しいといつも

言っていた、きっとあれは自分に対するエールだっただろう、そんな事に

気付くまで心を発達の傍らに預けて頂けると幸いです。

 

あなたなら出来る、あなたなら大丈夫、時に弱音を吐いても

いつでもわらってなさい、何とかなるから!

自分を大切にする事は誰かを大切にしていく事と同じです、

そうやって教えてきた私達をいつか思い出して前を向いていて!

 

それ位の気持ちで子どもさん達に関わってくだされば幸いです。

彼ら彼女らは未来を担う、日本の宝!!

 

どこがどの様に伸びていくのか解りません。

その芽を大人が摘み取らないように。


f:id:tsubame71:20170331120022j:image

さてさて。カラーリングも終わりましたので通常業務に戻り

前回の続編はまた後ほど(すんません、いい加減でw)

 

では皆様、良い1日を😘😘

病の負け犬編

こんにちわ❤❤

さっさとblogせえせえとせっつかれやっと更新❤

今回何編かに分けた方が良いかなと思っていたりします。

さてでわでわ、負け犬編からとっととやっつけましょうか。

 
f:id:tsubame71:20170329161150j:image

昨年発覚した病について。

私も当初はこんな事だとはおもいませんでした。

元々19と20と卵巣の腫瘍を患いその後から半年スパンで31歳まで

ずっとリュープリンの投与を受けてきた為に端からホルモン系は宜しくないのであろう…

その程度の感覚だったんですが……

まぁ太ったり痩せたり大変でして(;´д`)

三人目の出産で病院側の不手際によるミスで子宮を奪われてしまいですね。

こりゃ余計にくるぞ~ホルモンの嵐❗怖い死にそう❗とは思ってましたw

 

本格的に絶不調に陥ったのが9月。

6月頃から薄々は気づいてはいましたが…⤵

 

「あれ、私こんな太ってたっけか」

そんな風に自覚症状が見られる程、どんどんお腹だけが出る。

体重もうなぎ登り。

普段なら少しセーブすりゃ何とかなったのに体重計とにらめっこしてたら

どうやら水飲んでも太ってるな…と言うことに気づく。

 

しかし尋常ではない汗の量なんです。

こんだけ汗出るのにおかしくない?普通痩せるだろ……って位、一人滝汗。

夏に仲良しさんでバーベキューしましょうという話になり、水分ほぼ汗で持って

いかれる毎日なので長らく便秘しとったんですな。

 

便意を感じしばし家に戻りトイレへ。

夏のトイレです、灼熱!

座ってたら意識遠退くし……なんと後で発覚した事ですが汗の出すぎによる

ナトリウム欠乏症になってました。

迫りくる頭痛と吐き気、これはバーベキューどころではない。

 

体がおかしい、汗の量も馬鹿みたいだし、なんか水飲んでも太ってるし

だいたい私こんな色黒だったっけ?なんか洗っても洗ってもくすんでる気がして

仕方ない、病院で相談するレヴェルだと思う

 

と主人に告げたところ、デブは食べ過ぎによるもの、汗は水分採りすぎによるもの

色は夏だから、と言われwww

 

病院に勤務している友にこっそり相談。

病の歴を告げ、遺伝的な物も疑われるから親の病歴とかもあれば教えてくれと言われ

申告したら

「それ、もしかしたらだけど…重大な病の可能性あるわ…

症状の合致する物があるけどこれ簡単には見つからないやつで…」

 

ぐへぇぇぇマジかよ!!何か私やばいんすか死ぬんですかもう死んでも悔いない程

太ったんですけどどうしたらいいですか

 

そんなこんなでその重大な病が発覚。

医学界も頭をひねるレヴェルのレアケース。

 

データ上はAの癖に症状はB。

特定難病疾患の場合、Aに効く薬💊Bに効く薬💊とそれぞれにしか用意されておらず

症状がBだからBの薬を投与してしまうとデータのAが危うくなるのは当然

しかしじゃあその腫瘍切っちゃうかとなると人間それがないと死ぬ器官の為に

簡単には踏み切れない、腫瘍が大きくならない様に見守る事と転移せぬ様見守る事

各々の症状には対処療法でしか方法がない事、出せる薬は漢方のみ!

 

はああああああああ⁉

漢方❗そんなもんで何とかなるんですか⁉

 

当初はそんな感じw

 

しかし「それでは私らしくない。

何かに頼らねば無理とか言い出すの、私のやり方ではない。

私は敵を知ったわけだ。

 

わかりました、やってやろうじゃないの❗

病は気から、と言う言葉は自分が闘うべき敵を見定めた時に初めて効力を発揮する物であり

敵を知らずにいれば気が楽だから知らないままでいいのよ~って言う時の病は気からとは

異なります。

 

それはただのいい加減。

自分の人生に責任を持てない人は何かにつけ子供じみたところがあり、それは楽天家でも

何でもなくて他人の迷惑まで考えて行動してません!なんせ子供なんで~ごめんねええ❗

って舌だすのと同じ。

 

悔いなく生きたいのなら、例えどんな結果を突き付けられようとも、

こうくるのであればこうします、と言えるスタンスに立っていなければ事の成しようがない。

 

主婦及び自営業者には市で実施される健康診断しかありません。

気づいた時には闘い様のない状態だったを招かぬ為にも、共存しているであろう誰かさんの為にも

自分の状態を常によく把握しておくべきです。

 
f:id:tsubame71:20170329161225j:image

私はここだけは強く言いたいのですが。

人間死ぬときは一人とか言ってる人をよく見かけます。

そう言う言葉を感覚的に軽はずみで使えるのは

「僕は 私は この様な人間なので誰からも愛されないんですよ」と言う自己紹介に過ぎず

それ自分のせいだよね?人のせいみたいに孤独感演出しないでくれない❓

めっちゃカッコ悪いからw

とか思ってしまいます。

 

それだけ人を愛した事もなければ、愛された事もないので人を亡くす痛みなんて

知りませんのぉほほほほほほと変わりません。

 

私はもう克服はしましたが、人を亡くした痛みで半分以上は自身も一緒に死にました。

無理に寄越される殺人となんら変わりない状態だったし、愛しているから仕方ない事とはいえ

それは別の側面からみると激しい迷惑でもあります。

 

だって。

私は死にたいだなんてこれっぽちも思ってなかった。

人の生命にはそれだけの価値があるんですよ。

 

常に自分の状態をよく把握した上で策をねり人生を創造する、それが悔いなくできる人こそ

他者への感謝と共存を考えている大人だと思います。

 

私も気の毒ですが、自身をしらず他人を気の毒がるのは無様であるので、私は皆様が

それぞれに良い明日をお迎えになることを祈ります。

 

健康こそ宝!

次号へ続きます❤

次号は汚名返上編🎵