読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿Swag✿

個人的な思想の塊。

子供の未来

こんにちわ。

前回の続編を書く前に、ただいま家で空き時間にヘアカラーしてましてw

待ち時間に別の話題でも更新しておきます。

久しぶりにPC接続したので1記事サクサクと。
f:id:tsubame71:20170331120236j:image

 さて。

我が家の仕事に『命のワークショップ』というのがあるのですが。

我が家は革製品を扱う仕事で生計を立てておりまして。

商品製作の傍ら、

・食肉の副産物として出る皮がどのように革となるか

・副産物として出る物を使う命の果てまでの話

・仕事をするとはどういった事か

・実際に何かを造って見ましょう

等を幼稚園さんから学生さんの授業にお邪魔してワークショップ授業を

行っています。

 

これは私達も逆に勉強させて頂く事も多いので材料費や授業料は頂戴せず

一緒に命について考えましょうの時間となります。

 

手を動かす事も出来て命について学べる時間という事で、一番多く呼んで頂くのが

幼稚園さんと小学生さんの授業が多いです。

 

普段そうしなさいと言われるから何気なくそうしている「いただきます」も

刈り取られた命への供養である事、自分がもし食べられる為に殺されたとしたら

きちんと食べて欲しいと思うであろう事、そういう意味できちんと手を合わせて

命に感謝する行為がいただきますであるという事、勿論、食材だけではなく

口に運ばれるまでに携わって下さった方々への感謝の意味もあり

その頂いた命の末端までを大切に扱うのが我々の仕事であるという事。

 

その様な授業内容からスタートし、将来自分達が仕事をしていくにあたって

どんな夢を持っているか、まで。

 

先日、とある幼稚園にお邪魔した時の事です。

「仕事についてどの様なイメージを持っていますか」という質問に

お友達全員、ひとりずつ答えてもらいました。

 

そこには我が家の子もいたので、我が家の子も参加する形となり急な発表を

させられる事に多少戸惑っていましたがw

 

若干6歳のお友達のみんなです。

仕事ときいてもっと夢のある答えが戻ってくるのだと思っていました。

 

なんと。

全員が「しんどいもの」「お金の為」「つらい」「やりたくない」

最後我が家の子だけがオドオドしながら

『パパはいつも楽しいと言ってるから…きっと楽しいと思います』

 

うちの若様、大満足(爆)←さすが俺の子!状態wwww

 

我が家は自営なので、仕事とプライベートの垣根が難しいです。

夫婦の決め事として、仕事を家庭に持ち込んだとしてもその場合は

自分達が好きでやっている事でみんなが食べる為にではなく

みんなが笑える為に営んでいる事としようとしているので、思ったとおりの

良回答でありました。

 

これはね、圧倒的に大人が悪いですよ!

 

将来彼らは自分自身で生きる道を掴んで行きます。

その道に進む前に、つらいもんだしんどいもんだ、そんな簡単じゃない、

家の為に家族の為にするのが仕事だ、なんて、まるで奴隷か何かの様に

言ってしまうとやる前から「そういうもんだ」と決め付けてしまう。

 

自分の為にする事が他人に対しても善であると私は思います。

そんな事言われてもお宅の様にしたい仕事を掴んでいるわけじゃないと

言われる事も多々ありますが、したい仕事をするにはそれなりの

茨の道というのがあり、それを選択したからこそ今がある、

何もないところからぽっと沸いた様な話ではありません。

 

ので出来れば皆様、子どもに本音を吐きたい時や物事が起きても

「楽しすぎて疲れちゃった」と優しい嘘で交わして下さい。

時にはそれが大人の判断です。

 

子ども達が将来大人になって仕事上でこんな予定ではなかったな、と

路頭に迷った時、でも父さんや母さんは楽しい楽しいといつも

言っていた、きっとあれは自分に対するエールだっただろう、そんな事に

気付くまで心を発達の傍らに預けて頂けると幸いです。

 

あなたなら出来る、あなたなら大丈夫、時に弱音を吐いても

いつでもわらってなさい、何とかなるから!

自分を大切にする事は誰かを大切にしていく事と同じです、

そうやって教えてきた私達をいつか思い出して前を向いていて!

 

それ位の気持ちで子どもさん達に関わってくだされば幸いです。

彼ら彼女らは未来を担う、日本の宝!!

 

どこがどの様に伸びていくのか解りません。

その芽を大人が摘み取らないように。


f:id:tsubame71:20170331120022j:image

さてさて。カラーリングも終わりましたので通常業務に戻り

前回の続編はまた後ほど(すんません、いい加減でw)

 

では皆様、良い1日を😘😘

病の負け犬編

こんにちわ❤❤

さっさとblogせえせえとせっつかれやっと更新❤

今回何編かに分けた方が良いかなと思っていたりします。

さてでわでわ、負け犬編からとっととやっつけましょうか。

 
f:id:tsubame71:20170329161150j:image

昨年発覚した病について。

私も当初はこんな事だとはおもいませんでした。

元々19と20と卵巣の腫瘍を患いその後から半年スパンで31歳まで

ずっとリュープリンの投与を受けてきた為に端からホルモン系は宜しくないのであろう…

その程度の感覚だったんですが……

まぁ太ったり痩せたり大変でして(;´д`)

三人目の出産で病院側の不手際によるミスで子宮を奪われてしまいですね。

こりゃ余計にくるぞ~ホルモンの嵐❗怖い死にそう❗とは思ってましたw

 

本格的に絶不調に陥ったのが9月。

6月頃から薄々は気づいてはいましたが…⤵

 

「あれ、私こんな太ってたっけか」

そんな風に自覚症状が見られる程、どんどんお腹だけが出る。

体重もうなぎ登り。

普段なら少しセーブすりゃ何とかなったのに体重計とにらめっこしてたら

どうやら水飲んでも太ってるな…と言うことに気づく。

 

しかし尋常ではない汗の量なんです。

こんだけ汗出るのにおかしくない?普通痩せるだろ……って位、一人滝汗。

夏に仲良しさんでバーベキューしましょうという話になり、水分ほぼ汗で持って

いかれる毎日なので長らく便秘しとったんですな。

 

便意を感じしばし家に戻りトイレへ。

夏のトイレです、灼熱!

座ってたら意識遠退くし……なんと後で発覚した事ですが汗の出すぎによる

ナトリウム欠乏症になってました。

迫りくる頭痛と吐き気、これはバーベキューどころではない。

 

体がおかしい、汗の量も馬鹿みたいだし、なんか水飲んでも太ってるし

だいたい私こんな色黒だったっけ?なんか洗っても洗ってもくすんでる気がして

仕方ない、病院で相談するレヴェルだと思う

 

と主人に告げたところ、デブは食べ過ぎによるもの、汗は水分採りすぎによるもの

色は夏だから、と言われwww

 

病院に勤務している友にこっそり相談。

病の歴を告げ、遺伝的な物も疑われるから親の病歴とかもあれば教えてくれと言われ

申告したら

「それ、もしかしたらだけど…重大な病の可能性あるわ…

症状の合致する物があるけどこれ簡単には見つからないやつで…」

 

ぐへぇぇぇマジかよ!!何か私やばいんすか死ぬんですかもう死んでも悔いない程

太ったんですけどどうしたらいいですか

 

そんなこんなでその重大な病が発覚。

医学界も頭をひねるレヴェルのレアケース。

 

データ上はAの癖に症状はB。

特定難病疾患の場合、Aに効く薬💊Bに効く薬💊とそれぞれにしか用意されておらず

症状がBだからBの薬を投与してしまうとデータのAが危うくなるのは当然

しかしじゃあその腫瘍切っちゃうかとなると人間それがないと死ぬ器官の為に

簡単には踏み切れない、腫瘍が大きくならない様に見守る事と転移せぬ様見守る事

各々の症状には対処療法でしか方法がない事、出せる薬は漢方のみ!

 

はああああああああ⁉

漢方❗そんなもんで何とかなるんですか⁉

 

当初はそんな感じw

 

しかし「それでは私らしくない。

何かに頼らねば無理とか言い出すの、私のやり方ではない。

私は敵を知ったわけだ。

 

わかりました、やってやろうじゃないの❗

病は気から、と言う言葉は自分が闘うべき敵を見定めた時に初めて効力を発揮する物であり

敵を知らずにいれば気が楽だから知らないままでいいのよ~って言う時の病は気からとは

異なります。

 

それはただのいい加減。

自分の人生に責任を持てない人は何かにつけ子供じみたところがあり、それは楽天家でも

何でもなくて他人の迷惑まで考えて行動してません!なんせ子供なんで~ごめんねええ❗

って舌だすのと同じ。

 

悔いなく生きたいのなら、例えどんな結果を突き付けられようとも、

こうくるのであればこうします、と言えるスタンスに立っていなければ事の成しようがない。

 

主婦及び自営業者には市で実施される健康診断しかありません。

気づいた時には闘い様のない状態だったを招かぬ為にも、共存しているであろう誰かさんの為にも

自分の状態を常によく把握しておくべきです。

 
f:id:tsubame71:20170329161225j:image

私はここだけは強く言いたいのですが。

人間死ぬときは一人とか言ってる人をよく見かけます。

そう言う言葉を感覚的に軽はずみで使えるのは

「僕は 私は この様な人間なので誰からも愛されないんですよ」と言う自己紹介に過ぎず

それ自分のせいだよね?人のせいみたいに孤独感演出しないでくれない❓

めっちゃカッコ悪いからw

とか思ってしまいます。

 

それだけ人を愛した事もなければ、愛された事もないので人を亡くす痛みなんて

知りませんのぉほほほほほほと変わりません。

 

私はもう克服はしましたが、人を亡くした痛みで半分以上は自身も一緒に死にました。

無理に寄越される殺人となんら変わりない状態だったし、愛しているから仕方ない事とはいえ

それは別の側面からみると激しい迷惑でもあります。

 

だって。

私は死にたいだなんてこれっぽちも思ってなかった。

人の生命にはそれだけの価値があるんですよ。

 

常に自分の状態をよく把握した上で策をねり人生を創造する、それが悔いなくできる人こそ

他者への感謝と共存を考えている大人だと思います。

 

私も気の毒ですが、自身をしらず他人を気の毒がるのは無様であるので、私は皆様が

それぞれに良い明日をお迎えになることを祈ります。

 

健康こそ宝!

次号へ続きます❤

次号は汚名返上編🎵

男らしさと旅立ちの朝

本日二本立てでblog更新ですw

私のとあるツイートに興味を持たれた方が意外と多かった為に

記事にする事と致しました。

発端はこちらのツイート。

誕生日前夜、謎の大きな封筒を主人から頂く。

 

中身が何であったかの前にまずは夫婦のお話を。

 
f:id:tsubame71:20170323050550j:image

13年前、私は世の中で一番愛した人を亡くしました。

もう二度と恋などしないと槇原よろしくそう考え、この一件により

エリートコースからのワイプアウト、人生の裏街道を爆走

箸にも棒にもかからないどうしようもない駄目な女になりました。

その二年後の11年前、二人は出会います。

私は端から男のいう事等は信用もしない、そういう人間だったので

主人に和食でもと誘われた時にはまあ暇だし、程度の物で。

飲み足りないし生憎日曜で店も閉まっている場所が多く、家に来るかと

誘われたときには『なんだよ回りくどいな。やりたいんならそう言えば?』と

吐き捨ててとても悲しい顔をされたのを覚えていますw 

結局彼はその日には手を出さなかった。

話をする時間はたんとあったので、付き合って欲しいと言われた時には

『なんで私がこんな感じなのか教えてあげよっか?』に始まり

『…というわけだからないのよ、ごめんねw』に至る頃には彼は泣いており

次の日仕事だけどそのまんま部屋にいて欲しいと言われ鍵も預かり

「よく知りもしない女に鍵渡すとかダサい事するよねーさすが田舎の僕」

なんていう態度のまま来たるGW、彼は里帰りをすると言う。

『あそ』そういう態度の私。一緒に行かないかと言われ

『はぁ?付き合ってもないのに?親になんて言うの?セックスはする仲ですけど

付き合ってはおらず友達です、とでも言うつもり?』

と言う私に、自分の気持ちが軽はずみではない事を証明したいという彼。

 

この人は昔から、好きな物、欲しい物には全力をかける、そういう男でした。

 

そんなこんなで親に紹介され、紹介されるや否や、田舎のご両親は息子が

お嫁さんをつれて帰ってくると大はしゃぎ。あれよあれよと結婚が決まって

よく知らぬまま11年後の今日を迎えている次第ですw

ひとつ変わった事と言えば、私は愛する人を亡くす前の私に戻った事位。

 

さて。

しかし男と女とはそんなに簡単にいかない物で。

結婚一年目、彼はまだ若く(私よりも年下ですからね、その頃は二十代)

今とは違い雇用されて職人業をしていた為に忙しくすれ違い、娘を身ごもった

頃には別の女と九州で暮らす計画をたてておられました(爆)

彼の若気の至りと、そこには私の態度にも問題があったかもしれない。

私はまだ完全には立ち直ってはおらず、彼に愛するだけ無駄と思わせた部分もあったやも

しれず。

 

子供を授かった事で痛みも薄らぎ、徐々に私の精神状態も落ち着いてきた頃には

二人収入だった物が一人収入となり極限の貧乏生活に突入、ここが夫婦の面白い

ところで仕事が忙しくてほぼ話もしないのにやる事だけはやるという。

たまに『あの人が相手であればこんな寂しさ感じただろうか』と思い出す様に

なったのが長女誕生から次女が誕生する三年後。

 

子供も二人授かってこのまま雇用されていても生活はまわりそうにない

何よりも家にいる時間もほぼない、顔あわせると喧嘩ばかり、

そろそろ独立してみてはいかが?

 

当時暮らしていた家を引き払い思い切って場所を変えて再出発。

そして独立した翌年の2011年、大きな地震により家の裏が海だった我が家の

長女の不安感が治まらず(海上ヘリの嵐と鳴り続けるサイレンの毎日)

仕方なく場所を変えようという提案。

 

しかし私は当時運転免許も持っておらず、田舎で暮らすのは不向きな体質でも

あった為にあなたの実家に戻るのならば離婚も視野に!と申告。

 

彼は当時、行きたい場所には俺が連れて行くし、そんな事を言い

私を実家に連れて戻り、そこで三女を授かる。

 

実家付近にて再出発を果たすも今度は忙しくなり過ぎて、家族を疎ましく

感じるかの様な態度の日々。

私は知り合いもおらず、好きに出かけられる場所でもない、閉鎖感と

嫁姑関係に疲れたあげく、好きも嫌いも麻痺し

「どーでもいいな」

と無駄な口も聞かなくなり、ほぼシングルマザーも同然で動いてきた彼の独立からの六年。

 

私の毎日を聞いてくれたのは友達であり、仕事が忙しいと言えば

何でもこちらに預けられると思っていた主人のその態度にも

何も感じなくなってしまい…。

 

そして昨年、あまりの疲労とストレスにより私の副腎が死にかけている事が発覚。

半年に一度の放射線を受けて下さいと医師から勧められる始末。

このままでは私は11年前に自分を捨てたのと変わらない、私は

あちらのサポートをするのみで。

 

そんな中、三年前から私にずっと思いを寄せてくれていた人がいた。

私はあんまりに年も離れているので鵜呑みになどはしていませんでした。

でもよくよく考えてみると、うちの主人よりも私の毎日や考え方をよく理解して

くれている人であり、どうせこのまんま死ぬんなら愛してる人の傍で

死にたいと考えたのが昨年末。

 

今年の年明け、主人から、完全に仕事が軌道に乗ったので今年からは家の事も

手伝っていくつもりだし、寂しい思いをさせて悪かったと言われる。

 

寂しい思いをする程、私はもうそこに気持ちはないのです

何故ならば離婚を考えておりますし、愛する人がもういるのですよ、と

告げたのが今年の二月。

 

私は至ってクールです。

自分がすべき事はしてきたつもりで、独立後の店の方針や彼が大成する為の

支援だけは怠らなかった。

私を犠牲にしたのであれば欲しかった物を何か一つでも手に入れるべきだと思っていたし。

 

彼は私の「ごめんねぇ」を聞いて色んな思いつく言葉を発しましたが

現実がどうだったかを問われると黙り込みました。

 

というわけで、じゃあ解りました愛するのを止めますという程

いい加減な女じゃない事も知っているでしょう?と問うと一言

「あなたの気持ちを取り戻します」

と仰った。

 

他の人はどうかは知らないが私の気持ちは難しいわよ?

信じて裏切られた後だし、私はすべき事はしてきたわけだから

悔いはないですし

 

そんなこんなで今日の日を迎える。

 

そして謎の封筒を渡される。

 

キター!まさかの離婚届!とうとう敗北宣言か!

 

【の前に】

 

私の方は私の方で別の人と愛し合う傍ら、少々越えられない壁もあり

気持ちが諦めムードでもあり、恋愛はできても結婚はないわね、と

先方に切り出したのが先月。

先方は先方で諦めきれぬ恋心もあり、まだ本当に若いのでなかなかに

理解する事が難しい、そんな気配で進行しています。

 

"私たちは恋愛はできても結婚できる間柄にはないので、あなたが

ご心配なさるような結末にはならないでしょうね、しかし今すぐに

忘れろと言われるのは相当難しい

そんな簡単に私は人を心に入れないので" とは、正直に主人には

伝えてありました。

 

私は性格上、人を裏切るという事はしません。

こちらで良い顔、あちらで良い顔、も致しません。

誰にも言えない様な事をするのは誰にとっても良い結果をもたらさない

そう考えているので、言えない事は初めからする様な性格ではない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして私はその封筒をあける。

 

中から出てきたのはなんと。

 


f:id:tsubame71:20170323050140j:image

 

一週間自由に旅が出来る券

子供達の事はまかせて!

出発前に旅費は渡します

期限 2017/3.22~2020/3.22

 

そして一通の手紙。

 


f:id:tsubame71:20170323050224j:image

 

お誕生日おめでとう!!

共に過ごして10年が経ち、本当に色々と苦労を掛けました。

起業前、そして実際に起業して俺自身、苦しかったし、ずっと気が

張った状態だったし、心が休まる事も少なかった。

それで「あなた」に悲しい思いをさせたかもしれない。

ただ、丸6年やれて「これでいける!」という形に持ってこれました。

これからはもう少し家族の時間が作れるかな?と思います。

何より「あなた」の幸せが大切。

「あなた」との時間をもっと大事にしたいと思っています。

愛しています!これからも宜しく!

 

男という生き物は……。

朝から少し泣きました。

こんな物を渡したら愛している女がその相手の元に行くのは解りきった事で。

一週間、その間に一生分の恋を精算してこい、という事です。

 

自分のところに戻ってくるのであれば、さようならを告げて来い、と。

長年の私にあった負担は並々ならぬ努力だったと周囲に話していたことも

あの人以外に俺の世話は無理だっただろうと語っていたことも

私の耳には届いています。

 

あれだけ貧乏をして、ガス電気水道が止まるなど普通だった毎日。

独立するにもお金もなく、融資を申し込むも職人である身だとなんの信用もなく断られ

何と50000からのスタートでした。

 

それが昨年、銀行から電話があり

「融資必要ないですかね?」

「はぁ?と言いますと?お幾ら程度?」

1千万程度借りて頂けると助かります

長い時間の努力でした。

何かを壊し引き離すほどの長い時間の努力。

 

夫婦の形はそれぞれですが、うちの主人は成す男だからここまでついて

来れた事もあるし、何よりその男らしさに惚れたのだと言うのは

11年前の私を見れば解ること。

 

寄り道をやめて家に戻る時が来たのでしょうね。

振り返ってくれた事、どうもありがとう。

 

その前に精算すべき気持ちというのもあります。

近い内、私は旅に出るでしょう。

一生分愛し合って、さよならを置いてくる旅に。

 

色んな人に真剣に愛されて、私は世界一、幸せ者です。

意味のない苦労は存在しない、そう思った誕生日の朝でした。

お誕生日のご挨拶♥

こんばんわ🙋✨

昨日3月22日は私の誕生日でした❤

自分でも予想していなかった数のお祝いメッセージが各国から届き

頂いたお一人ずつそれぞれに返信差し上げながら言いしれない喜びを

感じた一日でもありました。

お祝いのメッセージ、大変に感謝しております🎂✨

 
f:id:tsubame71:20170323024424j:image

 

私は深夜ひとりでドライブをする事がよくあり、この辺りは夜も六時を

回ると街頭も少なく真っ暗になります。

そんな中、ライトを上向きで走る時、誰ともすれ違わず本当に世界に

ひとりぼっちになった感覚になるのですが、わざわざそれを体感しに

深夜ドライブに出かけたりします🚗💨

 

確かドラえもんだったかな……

いつぞやの回で自分以外は誰も存在しなくて町中を人を探して歩き回る

そんな回があった気がするのですが。。。

 

他者が存在しそれが毎日をともなると扱いは粗雑になり、争ったりもして明日も会えるから

いつか和解出来ればいいや~程度の気持ちに成りやすいですが、自分も人なら

相手も人です。

自分が謝れば済むと思っている事は相手にとってはそうではないかもしれないし

明日があるなど誰にも保証は出来ない、だからその時を大切にせねば

と思いつつ、ついついそれを忘れがちになるんですね。

なんせ鶏より記憶力低そうなんで、私……。

 

それを思い出すのにはそういった状況に自分を置くのが物理的に解りやすく

無理矢理そういった時間を持つ様にしています。

 

さて、そうした毎日の人付き合いの中で、こちらがそれを当然と思い

他人に接しているとそれをきちんと受け取って下さる方もいらして

今日のこの日におめでとうの言葉を下さる。

それはそれはもう!どの方から頂いても世界に祝福されている様な気分でした♥

言い尽くせないそういう喜び!

暗闇の中、彷徨っていたら向こうに光が見えて安堵する、その感覚です。

 

結局ひとは一人では生きられない。

そう実感した日でもありました。

 

それからやっぱり自分だけが楽しくて幸せでも全く楽しくないのが

この世の中であり

(だってそんな暗闇の中にひとり置き去りにされても心細いだけで自分も

いなくなれれば楽だったのになと考えるのが至極当然の摂理でしょう)

願って下さった方が元気でいらっしゃらないと私もちっとも楽しくないので

私の幸せを願って下さるのであれば当然の如くどなた様も幸せであって下さい

そう願わずにはおれないのです。

 

やってみ?

ほんとに。一回w

ガードレールもない様な崖の山中を走ってみれば、あまりの孤独に

まだ幽霊でも出てきてくれた方がマシ!位に思うからwww

 
f:id:tsubame71:20170323024542j:image

孤独だ孤独だ言えるのは聞いてくれる人がいるからついぞ出る言葉であり

本当に誰もいない場所に置かれると独り言でも「孤独だ」なんて発したい

気分にはならない、というのを体感できます。

 

子をお持ちの親御さんであれば誰でも感じる事ですが、その日の事を

温度や湿度、天気や匂いまで何十年たっても忘れない、どんなにひどいと

思われる親であろうとも誰かを生み出した瞬間に

この子が一生幸せであれば良い

そう思う日が誰かの誕生日です。

そんな時に不幸になれー!等と誰も思わない、思う側思われた側

その一日が必ず誰にでもあって、その背景を思うとどんなに嫌な人間でも

嫌だとは思えない、誕生日とはそれほどに祝福された日だと私は

考えているので、今日のこの日に沢山のおめでとうを頂けた事は

何よりも自分の生き方の証の様に感じ、とても嬉しく感じました♥

 

生きると言うのは楽しいやら悲しいやら嬉しいやら辛いやらの

繰り返しで、でもそれを感じられるのは生きているからこそであり、

そこに他者が存在するからでもあり、私を構成するものは

私自身だけではなく他者の願いや思い、感情でもあるという事を

皆さんからのおめでとうに教えて頂いた一日でもありました。

 

私からもいてくれて有り難うを贈りたい。

私だけが幸せでもやっぱり誰かが病に倒れると私は全く楽しくないし

どうにかこうにか幸せを願っていただいた分、どなた様も幸せで

あって欲しいと心から願っています。

 

新しい一歳、どの様に造っていくかまだ完全に固まっているわけでは

ありませんが、できる限り健康で過ごして行きたいと思っています。

 

どなた様もどうぞ笑顔で。

私のためにもそうして下さい。

 

本日はとても良い一日でした。ありがとう!!!!😘😘😘😘

必要と思える工夫

やっと自分の時間きたっ!と思ったらもう4時回ってるのねこんばんわw

 

今日はこういうツイートをしたのでここからスタート。

これ。

捨てるのが嫌い。

だから全然片づかないww
f:id:tsubame71:20170319035601j:image

いやね、でも本当に最近の断捨離ブームも如何な物かなと思うのですよ。

そりゃ捨てりゃ綺麗になるんでしょうな。物がないんだもんw

流行というのはその時代に沿った物がブームになるんでしょうが、何となく

綺麗にしているというより楽を選んでいるという気がしてならない。

 

いいんですよ。現代人は忙しくて時間もないし、どこかで帳尻をあわせないと

それこそ私の様にやってもやっても一日が24時間では収まらない!なんて事になるし

楽できるところは楽していいんだと思います。

 

私の考える楽を選んでいると思うのは、もう少しそれについて考える努力は

必要よね、と思うところ。

楽になるから捨てる=物がないから片づけで悩まなくて済む

この方式は結果重視で過程を無視だな、と思うのです。

 

これがね、最近の世を見ていると人間関係における思想にもかなり出ているな

と思うところ。

 

 

私個人としては『排除すれば何とかなる』という考え方を持ち合わせません。

これは物に対しても人に対してもそうです。

 

完全な物なんてこの世には存在しないという考え方なので、物には

良い面があれば悪い面があって当然でどんなにクオリティの高い物でも

個人によって、Aさんには良いと感じる部分がBさんにとっては不都合な事も

あります。

シンクの高さみたいな物だと。

 

背の低い人に丁度の洗い場は背の高い人にとっては長時間は腰にきます。

ではどうすればこれが少し楽になるのか。

これを考えずに

新しいシンクに変えればいいじゃない!

と言うのが現代人かな、と。

工夫をするという部分をすっ飛ばす、それが現代のやり方です。

はい、いらないから撤去撤去~!って感じで。

 

こんな感じで人付き合いも

「自分にとってのメリットデメリット」

が大きく出ているなぁと思うんです。

この自分にとってがポイントです。

 

何でもかんでも不自由なく手に入る時代にあって選択肢も増え、自分主体で色々選べる。

当然自分主体で選んだのだから、自分が合わないと思ったらそんなん捨てて新しいとこに走っても問題ないでしょ?

という選びたい放題の時代が起こす

なんでも自分主体になりがち

な部分がまさにこの断捨離です。

 

確かにいらない人付き合いというのもあるし、あわないのに無理矢理

合わせる必要もないんだと思います。

どうしても無理だ自分にはどうしても!

そんな時はいいんだと思うけど、誰かが誰かを仕分けしているのを

あからさまに見せて来る人もいるわけです。

個人的に各々仲良しの順位というのは必然的に生まれる物なので

それはよしとしても何の工夫もせずに投げ出す事の多いこと。

 

一側面のみで判断し、こいつはこうだからいらないや~って言えるのは

私にとっては思い切りが良い以前に、脳味噌ないのかな、ですw

 

そしてそういう人に限って新たな出会いにすぐに繰り出す。

一側面で「この人気が合うや」と思いこみ、相手にアプローチをかけ

「やっぱり思った人と違ったわ」とか。

 

ここなんですよ。

断捨離すればそれは確かに物も減るし綺麗になるんだけど、じゃあ

最初っから買わずにちょっと工夫してみる事をしたのか?

しないのに買い込んではちょっと使って「やっぱり使いづらいしいらない」

→断捨離します宣言きたー!

みたいなところ。浅い!!いいのかそれで!

 

金を使えば世の経済は回るのでそこはご推奨ですが、私などは先のシンクで

表すと新しいシンクを買わずにシンクの高さをあげる為に木工用品買ってくる

タイプですw

排除はしない、たとえ排除したとしても次の使い道を考えた上で移動をかける

そういうタイプなのでメインでは使えなくとも違う場所で役にたってね

と庭で使えるようにしたりと何かと工夫します。
f:id:tsubame71:20170319040031j:image

そういう性格なので、好みの服はボタンを変えて長く愛用したり、

きつくなったらダイエットしてみたり、と相手の変更を願う前に自分が

とりあえず何かアクションを起こしてからどうしようもない様ならば

それを別の物に変身させる、というところまでの最善を尽くし

またそれが日々の楽しみであったりもします。

そもそも入らなくなったのは自分が肥えたからですからねw

洗濯失敗して縮んだのならともかく服(相手側)に罪はない。

服のせいに出来るのは人のせいに出来るのと同じで、自分の工夫次第で

何とでもなるものです。そのまま捨てずに雑巾にする、でもいいし。

なんせそのまんまポイはほぼ有り得ません。
f:id:tsubame71:20170319040239j:image

貧乏くさいと人からよく笑われますが、日常を楽しむという要素を

考えず何でもかんでも排除すりゃいいという考えよりはマシだと思っています。

 

幸せというのは、個人の納得なのですよ。

納得の出来ない物の上に幸せ等という言葉は置けません。

貧乏くさいの多いに結構。

私はそれを納得し楽しんで生活しています。

 

ここはとても田舎な場所なので周囲に畑を持っていらっしゃる方が多く、

お野菜や果物を色んな方から頂きます。

私は頂いた物に一手間加えて、お菓子にしたりジャムにしてお裾分け程度で

お返しとしています。


f:id:tsubame71:20170319040324j:image

これは文旦を頂いた時に作ったジャム。

ひとつでこれだけ出来ました♥

 

買って渡せば話は早いですが、それを下さった方はそれを私が喜んで

食べたり使ったりしたという事が目に見える方が嬉しいであろうという事から

そうさせて頂いています。

柑橘類であれば皮が出ますのでそれをしたためておいてジャムにする。

お野菜であればお菓子の生地に練り込む等々。

お持ちすると話もはずみます。

忙しいだろうに、とか、この間のはどうやって作ったの、とか。

また何か採れたら持って行くね、と言って頂ける、それは大変に有り難い事です。

 

陰と陽なら陰だ、と思える様な部分を工夫して陽に変えるという

やり方が好きなんです。(それ多分前の記事あたりで書いたな、確か…)

 

人づきあいもそうです。

良い面も悪い面も認めた上でそれを相手と認識してうまく渡り合う工夫が

お互いにとってプラスだと考えているので、こいつこうだからいらねーや

ってのは滅多に思いません。

たまにありますけどねw

もうこれは自分には耐え難い無理ですだって相手には愛がないもの!

みたいな時は私も愛を持ちませんw

 

物の扱い方にも性格が出ます。

捨てられないのが悪いことだ、精神的にあーだこーだと述べている事よりも

すぐに捨てりゃいいと思ってる事の方が難だろ…と思っている次第です。

 
f:id:tsubame71:20170319040503j:image

こういう性格もあって、与えられた物や今ある物で充分楽しく暮らせてしまうので

自分からフォロワー増やしの旅に出向いたりしませんが、仲良くして下さると

嬉しいです。

ゆっくり出来るときには色んな方のツイートを拝見できればなぁと

思っているのですが今は結構いっぱいいっぱい!

申し訳ない。。

そんなんしてるから時間ねーんだろ、と言われても、そんなんするのが

好きなんです、お許しをw

 

あ、でも食品関係のようにリミットのある物については別です。

今回のテーマの指し示すところはゴミにする前に少し工夫しましょうというところなので腐った物は食べずに捨てましょう。

 

というわけで、寒くなったり暖かくなったりですが皆さんどうかご自愛を😘

万年筆とガラスペン

「もうすぐ君の誕生日だから」

そう言って私は秘密のあの人からガラスペンを頂いた。

それはとても繊細で美しく、ギフトで詰め合わせてくれたインクには

香りがついていると言う。

私が万年筆を走らせるそのペン先をいつも喰い入る様に眺めては

「書きづらいなら別のに変えればいいのに」

 

私の秘密のあの人はそんな風に言葉を漏らした
f:id:tsubame71:20170317130637j:image

 

私は人に秘密を持たない。

秘密を持つ事に甘美さを感じた事もなければ、隠すほどの事はしていないし

端から隠さねばならない様な事は行動として認めていない。

しかし、よくよく考えてみると、全てを人に話しているかと尋ねられると

普段から誰かと沢山話す質でもないし、話すまでもなく終わっている事が

他人にとってはとても重要な事であった!という事に気付かされる事もある。

だから私もその"秘密のあの人"が、どれ位の秘密なのかはよく知らない。

 

ガラスペンを贈られた理由は尋ねる迄もなく、きっと万年筆が

私には不向きであるという理由であろうという事は解っていたのだけれど

有り難う、だけでは悪い気もして、どうしてガラスペンを選んだのですか?

と問うてみた。

 

秘密のあの人は君にどこかしら似ていたからだ、と言った。

その言葉の中には私が感じたその意味は含まれていない事は承知していたが

寒い部屋でそれを持つと恐ろしい程にひんやりとした。

 

その夜、私は夢を見た。

それは子供の頃に通っていた習字のお稽古の時間の事。

お茶、お花、お習字、日本舞踊…とまるで許嫁にでも出されていく箱入りの

女性像のようなお稽古事に出されていた私だったが、

ピアノだけは必要ないと言って習わせて貰えなかった。

その反動のせいか将来はその四つは使うことのない音楽の方面へ進んだのだが。

その中のお習字の時間。

筆の運びは悪くはないし、毛筆硬筆かな、ともに要領がよいと褒められていた。

ただ一つ、毎回注意されるのは、筆に対して付ける"墨の量"についてだ。

多すぎても少なすぎても、半紙は薄くてよれたり穴が開いたりする。

「適正を知りなさい」

先生はいつも鬼の様な顔をした。

 

どうしても最後の払いが掠れてしまう事が個人的に許せない事の一つだったので

何度言われても私はいつも多めに、筆に墨を含ませた。

構えた時点で一滴が半紙に滲みを作る。

「ほらまた!」

先生は声を裏返した。

あ、と声も上げる間もなくそれは、ほとり、と一滴筆から垂れて

一度丸くドーム型を描き、端が崩れたかと思うとすぅっと半紙に

吸い込まれていく。無理に持ち上げようとすると下敷きにくっつき、そこに

穴が開いた。

 

自ら望んで申し出たお稽古事であれば、それがどれだけ厳しかろうと

私は楽しくやってのけただろう。でもそうではなかった。

何かを見つめて自分を逃す事に必死になった。

帰り道にはシロツメクサが咲き乱れる空き地へいって、王冠を編んだりして

あった事の全てをなかった事にした。

だからまた同じ過ちを犯したとしても。

私はそうでなければ生きられなかったし、教わりたいとも望んでおらず

こんな事が自尊心を脅かすのなら生きるとはろくでもない事だ!

とまで思っていた。

 

私はいつもその適正とやらを知らず、何かを懸念し、その為の準備を大袈裟に

やってのけ、ある人から見れば満ち足りたそれは気の利いた人間であったが、

ある人からすれば非常に重たい、そういう人間だった。

「適正を知りなさい」

この言葉の意味をようやく理解出来たのは二十歳も回ってからであっただろう。

何か一つの事だけに心が傾き始めると頼まなくてもその言葉が夢に現れる。

自分のことだけ、周りのことだけ、趣味だけ、家事だけ。

どれか一つの事に集中し過ぎるとそれに対して神経質になりすぎて

適正を忘れる。

掃除などが良い例だ。全体が片付いていなくても1箇所に手をつけるとその隅から隅までが気になり

そこだけをとても美しくする。

問題は全体なのだ。1箇所に拘ってそれができる頃には体力も使い果たして一向に解決しない。

物事に執着しすぎない、ある程度はいい加減に熟す、これが適正であるのだ。

 

 

私が万年筆を好んで使うのはそんな理由から来たものだった。

筆圧については初めから終わりまで、手が疲れなければさほど変化は出ない。

が、インクの量はその万年筆の出来と筆圧に関係するので、私の意志とは

関係なく万年筆が生き物であるかの様に好き勝手にインクを抽出してくる事にあった。

一時の「適正」から逃れる事が出来る。

そう感じて使いづらくても万年筆を好んだ。

何かに操られている感覚が居心地の良い時もある。

 

それなのに。

手元にはインクの量を自分で調整するガラスペンがある。

私はそれを暫く疎ましく眺めた。

美しく光を反射して輝く繊細なそれは、子供が出来てからは触れてはいけない様な

容姿で、気付けば大雑把に物事をこなす様になってしまった私にはとても似つかわしい

対岸の姿である。

これを見て秘密のあの人はどことなく私に似ている、と言ったのだ。

私はとても、今の君は残念だと言われている気分になった。

 

人生はいつも同じ事の繰り返しだ。

それは極めてシンプルな事である。

毎日何かを食べ、それが便になって出ていけば下水道料金を請求されるにも

関わらず、何かをおいしいおいしいと毎日食べる。

時間が勿体ないと解っていても時間がくると眠くなる。

生きるために働いて、誰かとたまにセックスをして、セックスの時の単調で滑稽な腰のふりと

なんら変化のない毎日を延々と繰り返す。

興奮している時にそれを見るとそれは極めて魅力的であり艶めかしく映るが、何も求めていない時の

それと言ったら入れたり出したりの繰返しで収めることも知らないのか!と怒りだしたくなる様な

滑稽さである。

 

いつの間にか母になり、いつの間にか自由だった頃の事も忘れ、

今の自分があなたですという人生を選択し、周囲からも同様にこうあるべきだと押しつけられ。

 

メトロノームのリズムをずっと眺めていると視点があわなくなっていくあの感覚に

よく似ていると思う。滑稽で単調なリズムは適正を忘れさせてしまうのだ。

 

今ならばそれはよく理解できる事であるが、それを苦痛だと感じた時に立ち寄ったあのシロツメクサの空き地に似て

単調で滑稽だからこそ、そこにあるシンプルさに目を向けてその時間を楽しむ事が必要であり

時に自分を解放する寄り道も必要なのだろう。

一見時間の無駄に見えるあの空き地こそが私を強くした。何故なら私はその日の稽古を親に尋ねられても愚痴は零さなかった。

 

反発心は抱いているものの、どこかで自分の非も知っていて、そうなってしまう事の原因まで見つめる機会を持たせた解放区だ。

 

頂いたガラスペンの先を少し、インクに浸す。

ガラス製だとは思えない程、その芯に馴染む。

つきすぎたインクがインク壷に戻っていく時間、私はそれを眺めながら

適正を知れと鬼の様な顔をした先生と、その適正を知らない事を我が儘だとは知らず

個性だと感じていた自分を恥じた。

 

私の秘密のあの人は、もしかしたら私がその適正さ故に極めてクールで

的確な距離を保って接する事に寂しさを感じ、その意味でこの冷たそうな

ガラスペンを贈ってくれたのかも知れない。

少しだけ、申し訳なく感じた。

私の不器用さが邪魔をして、本当の私を伝えようと真心から来ているそれを

疎ましく感じたりして。

少し素直にそれを眺めると、適正さは自分も相手も守る方法だと解るのに。

 
f:id:tsubame71:20170317130728j:image

私は初めて、紙にガラスペンの先端を走らせる。

「あなたの仰っていた事がようやく胸に馴染みました。

このペンの先の、インクのように。」

 

私はもう半紙に穴を開けることはないだろう。人との間柄にも穴を開けることはない。

単調さを楽しみ、時に解放し、適正さを保つ。

多すぎず、少なすぎず。

 

10分の積み重ね

とても長い時間お休みしてしまいました💦💦

私は元来時間の使い方がうまいわけではないので毎度試行錯誤しているんですが。。。
f:id:tsubame71:20170314051525j:image

先日右手の小指を火傷致しまして。。

その件でInstagramでポロッと呟いたところ、とある方が一言

『火傷大変ですね』の言葉の後、私の指先の方が気になったらしく

忙しいからといって放置している自分にとても刺激になったと仰っておられました。

 

お忙しいのにきちんとなさってる!! との事。

見ている方は細部まで見ておられるのだなぁ……とこちらこそ、の話でした。

 

「母」というのは、立場でも肩書きでもなく、私はひとつの職業だと感じています。

やりたかろうがやりたくなかろうが授かってしまえば母になり、その職業についてから

向き不向きを知る物だと思っています。

この職業の恐ろしいところは永久就職であるという事。

結婚も永久就職に当てはまりますが、これについては不向きならば辞職もあり。

しかし子育てにおいてはそうはいきません。

 

24時間365日、まさに休みなしのブラック企業

世の中の人間がブラック企業だと声をあげるのは圧倒的に男性が多く、どれほど

日本の男が子育てに携わらないかがよくわかるご意見だと思っています。

そういう意味では女性は大変損な生き物ですね。

 

家庭内でやる事をやっていても褒めても貰えず、それに対して給与が出る訳でもない。

女ならば子を産んで育てるのが当たり前だと思われ、文句を言うなどうだと言いながら、その上男の面倒までおんぶにだっこ。

 

そういう職業ですから、どうしても「母」等という職種についてしまうと

絶対的に自分のことが後回しになる。

自分の事ができる時間が回ってきても、そんな時間があるのならば寝たい!

それほどに母という職業は疲れるものです。
f:id:tsubame71:20170314051628j:image

そんな中、ある程度子育ても一段落してくる頃にじっくり鏡に向かう時間が出来、

ふと思うのです。

「待って……私こんなだったっけ」

髪はボサボサ、プリン頭になってても平気、化粧なんかしないでも外出できる

汚れても平気な格好しかしない為によそ行きの服なんか買っても着ない、だから

買わなかった、買わなかった間に今度は手持ちで置いておいたよそ行きが入らなくなっている!

こんなのはよくある事です。

それを責めるよりも、それだけなりふり構わず頑張ってきた自分を褒めてあげて下さい。

まじでよくやってると思います。

自分でもたまに思います。

「なんだこれ!よくやってるよなー、ふざけんなw」程度にはw思ってますw

 

そんな毎日を送っていると今までどうやってたかなんて忘れてしまうんですね。

独身時代に自分がどうだったかなんて全く覚えていない。

自分のペースとやらがどんな物だったかさえ思い出せない。

ただでさえ時間の使い方が下手くそなのに、自分自身の事を何かこなしていたり

自分に時間を使っているかと尋ねられたら全くもってNOなんです。

TwitterInstagram等、SNSは唯一、外の世界を運んでくれる窓、と表現する方も

いらっしゃる程、子育て期間は閉鎖的な物です。

 

会社に出向いていた頃はそこが社会であったのに対し、子供を授かると表にも出られず

家庭こそが職場である、それが母にとっての社会、となります故…。

 

しかしよくよく考えてみるとSNSにいる皆が皆、乳飲み子を抱えているかと言われるとそうでもなく

もはや若者のツールであるからして……案外皆様自由だったりしますw

 

やれ腹が減ったの、うんこ出たの言われない自由な時間を自由に使えるのとは

訳が違う。こちらは自分の時間を捻出しようと思わないと捻出出来ない、

そういう肩身の狭い身分であります。

 

誰かと話しているのは楽しいですが、その誰かは時間を持て余しているはずで

時間のない人間がそれをしているともっと時間がなくなり、しまいに身の回り全て、

家事へのルーチンも

「こんな下らない事して一日過ぎるなんて本当バカみたい」

となりやすい。私はそれが嫌なのです。

誰かのために生きているわけではない。私は私を生きている。

誰かと話すのは大きな仕事をこなしてから、と決めています。

なので、どうしてもSNSに顔を出すのは深夜になりがちです。

それでフォロワーが減ろうがなんだろうが、一時の関係を求めているわけではないので

逆に付き合いを厳選できて良い、と思っています。

そもそも私はジゴロでもなければ、バカンスに出向いてワンナイトラブを求める様な

そんな活動しておりませんw

それぞれに毎日があって当たり前だし、それを理解できないイラチな方とは

きっと先々続かないので、わかるよーそういう時もあるよねーわかるよー

な人としか仲良くできないんです。

見方によってはそれを自分勝手だと言われる事もあるやも知れませんが、どっちにしろ

自分の事も身の回りも棚に上げた状態でわーわーほたえる程若くないのは確かですw

 

私の場合はそこにも増して、体の件もある。

家の仕事もある。主人の仕事にあわせた動きもしなければいけない。

更に長女は発達の障害がある、三女は身体障害がある、そこに加えて

年始に決めた自分のしたい事、しなければいけない事、様々があり、一日が24時間では

全く足りません。


f:id:tsubame71:20170314051802j:image

そこで10分でも手に入れば自分の事をするようにしています。

例えばトイレに行くときは必ず本を持って行くとか、一日の内に10分でも自分の時間を

持てればラッキーという方向にシフトチェンジ!

 

何がしたいのか解らない、でも何かしたいと焦る、そういう時が人間にはあります。

何かしなればと解っているのに……

この状態の時に一番はまりやすいのがSNSですw

いやほんとに。しかも恐ろしい事に何らかのリアクションがあった場合には楽しくて

10分の消費なんぞすぐですw

あぁ恐ろしい。。

 

きちっと頭の中を整理したい場合、よそ見している場合ではない。

そういうわけで私は思いついたかの様にそれらを脇に寄せる時間を持ちます。

 

実はその10分間は結構使える事が多い。

たった10分ですが、毎日10分だけ走る人とそうでない人には必ず差がつきます。

たかが10分じゃん、そんなのないのと一緒だ、と思う人は何も手に入れた事のない

人かもしれません。
f:id:tsubame71:20170314051152j:image

女性の場合、お洒落にも気を遣わなければいけないので、私は気付けに何か自分の事を

するという意味で目に見えて変化の解りやすいネイルにしています。

髪の毛を切るとなると時間もとられるし、パックをする、ダイエットをする、もありですが

それらは結果がすぐにみえない為に何もかわってねーし…と思ってしまう。

指先が少し整えられただけで、ルン🎵となるのが女心。

 

少し自分のために時間つかえたな❤よしよし❤と前向きになれる。

自分に気を配った、更に少しだけ綺麗になった気がする、そういう感覚は女性には

必要です。

今はありがたい事にトップコートで速乾とかいう商品等も出ていますので便利な時代

になったなぁ……と有り難い限り!

 

本も読みたい、映画も観たい、何より自分と向き合いたい、でも時間がないという人は

短い時間で自分に対して何が出来るかを考えてみると良いと思います。

あなたの時間を生きるのはあなたしかいません❤❤

 

捨てたくなる日常よりも大切に過ごしたくなる、そんな時間を。

一日を大切にお過ごし下さい❤