読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿Swag✿

個人的な思想の塊。

量子テレポテーション

✿thought

年末ですよ皆々様♥

あなたも私も1年大変よく頑張ったで賞🏆😝

 

さて。今日のタイトルなんですが。

これは量子力学における言葉です。

 

もう今日のブログ内容は完全に私の思想の垂れ流し😉何が言いたいかだけが伝わればそれで良いと❕思ってますw

 

突然暗い話になって申し訳ないんですが、私には12年前に婚約者がおりました💟

それはそれは大恋愛で、世の中にこんな人がいるんだ…とお互いを尊敬し合い、皆が私達は結婚して幸せに過ごすんだろうと思っておりました。

 

何があったかは伏せます。私を護っての事でした。彼は生きたまま、火に捲かれました。

最期の時まで、それは壮絶な闘いでした。

 

皮膚は破れ身体中を金具で固定しておかないと動かすだけで骨が出る、臓器の損傷が酷く多臓器不全に陥り尿が排泄出来ず、肺が溺れて行く。解っているのに何も出来ない。時間は迫る。気が狂いそうな時間でした。

私は、無力で。

 

生体モニターが長い終わりを伝えた瞬間、出口を失った大量の水分が口から溢れどうしようもなく辺りを水浸しにし、それでも私は口づけを繰り返した、そんな過去が有ります。

 

死にたいと考える人を見ると、そうはさせないと思うのと同時に止めたところで変わってやれない、そういう思いで私の両方が存在します。


f:id:tsubame71:20161229211136j:image

 

私が何のために残りを生きたか。

肉体を持たなければ彼の思想はなかった事になるのか。

いいえ、私を生かしたのは彼です。

 

誰もいない部屋に戻って、小さな埃でさえ形を持つのにあんなに私を愛してくれた人がいなくなってしまった。

 

私が見ていたのはきっと物理的な物ではなく、毎日に散らばった"粒子"

 

量子力学と言うのは、その目に見えない物がどういう動きを見せるかを研究する分野の事です。

 

その上で要となるのが"観測"という観点。

 

Schrodinger実験にしろ二重スリットにしろ、全て観測上の結果を現実として捉える、その瞬間の呼び方を「量子テレポテーション」と呼びます。

 

なんのこっちゃわからん、という方の為にこの二つを掛け合わせて軽く説明をすると。

 例えば二重スリット。
f:id:tsubame71:20161229212131j:image

二つのスリットの間を光が通ると向こうに映し出されるのは縦LINEが二つ、と思いがちですが、実は図のように縦LINEが沢山並びます。

 

でもね、これは"観測"しないとわからない結果であって

A 2本しかでないよ

Bそんな事ないかも

という二つが同時に進行します。

 

Schrodinger実験は毒ガスが何かのタイミングで出る箱に猫を閉じ込めて、今猫は生きてるか、それとも死んでしまったか、開けてみて初めてその A生きてる B死んでる が観測により確定される、よってその箱の中には

   【生きてる猫と死んでる猫の2匹が存在します】

 

そういう実験です。

 

そして"観測(目視)"した時が"波動の収束"を迎え   【ひとつにまとまる】

 

f:id:tsubame71:20161229213057j:image

 

私は人を形成づけているのは容姿や肉体ではなく、目に見えぬものの集合体がその形を作っていると考えています。

 

例え肉体がそこになかったとしても。

私が生きる限りは私の中で生きる者がある。

私は自分を祖末に出来ません。

あの人の愛した私です。

失ってすぐは後を追うことしか考えられなかった頃もあった。それでもやっぱり、その弱ささえ彼は愛してくれただろうし、今だって私を生かすのは彼でしょう。

 

全ての事を観測するにはまだ早い。

長い時の中で、観測をする事があるとしたら、きっとそれは私が目を閉じる時。

 

悲しみに襲われる事があれば、観測しなかった事とすればいい。悲しみと認めるとそれは、自分を捕らえてしまう。

 

それから私は誰の中にも、AとBが存在すると認識しているので、良いあなたも悪いあなたも、どちらも大好きです。

 

生きる人間は全て、私の想像を素晴らしく裏切り、そしてそれは私の見た事のない世界を心に投影してくれる。

 

物理的なもので振り回される事もありません。たまたまそこに生まれついて、肌の色や目の色が決まる。健常であろうがなかろうが、肌の色が違おうが、大切なのは人の持つ思想であり、その人自身です。

 

もし深い悲しみに落ちてしまったら、たっぷり泣いて、そこに留まってしまわない様。

いつか笑ってくれます様に。

 

あなたの観測はまだ終わらない。

良いあなた悪いあなた、全てがあなたで、Aが濃く映る日もあればBの日もある。

 

自分の可能性を自分で決めてしまわないで。

僕にとってはどんなあなたも、どれも素晴らしくて美しいんだよ。

 

よくそう言ってくれた彼の言葉を思いだしながら、私はここに立っています。

 

退屈な思い出に付き合ってくれてありがとう。

 

どうか皆さん良い年越しを💙💚💛💜❤

来年は人にも自分にも、優しく生きてみてもいいかもよ??

 

緩く、何より自分自身を許しながら、よい新年を💖